外資系企業への転職について


外資系企業への転職を希望されている方は、日本企業とは違う風土や評価システムを先ずは理解する必要があります。

外資系企業が日本企業と違う点の一つとして大きなポイントは、【評価基準】についてだと言われています。


外資系企業では、仕事をしている本人のパフォーマンスが上がれば比例して評価も上がり、それが給料や職務のポジションへと反映されていきます。
日本企業のような年功序列や派閥的な要素で評価が決まることは先ずありません。
自分のパフォーマンスに対する成果が結果となって分かりやすく見えるので、そのような評価基準を望む場合は外資系企業を選ぶことをオススメします。

しかし、外資系企業といえば完全能力主義のように思われるかもしれませんが、日本企業が外資系に買収されたり、提携企業に役員を送り込んで来るケースも年々増えてきています。


そのような場合は、日本企業的な要素がイメージする外資系企業と異なる場合も出てくるので、事前に評価基準を確認しておく必要があります。
成果がダイレクトに評価として反映されることに魅力を感じる方は、日本企業よりも外資系企業で勤務する方がイキイキとキャリアアップを進めることができるでしょう。
外資系企業は海外本社の意向に沿って突然の経営戦略変更となる場合もあるなど、日本型企業よりもドラスティックな変動が起こる可能性があることも承知のうえで転職を検討してみてはいかがでしょうか。

英語力の必要性

外資系企業といえども、一般社員クラスならば高い英語力を求められることは少ないでしょう。


しかし、ポジションが上がってくれば、必然的に英語力の必要性は増してくるのでキャリアアップを狙うならば英語力を磨いておくことは必須となります。
本社との交渉や海外での会議、日本法人の社長が外国人など、立場が上がってくるに応じて英語でコミュニケーションを取る場面が増えてきます。
なので、ダイレクトな評価基準に魅力を感じで外資系への転職を成功させても、英語力が身につかなければ将来的な活躍に制限が発生する可能性があることを理解しておきましょう。

 

外資系企業へ転職するなら

外資系企業への転職を希望するなら、「JAC Recruitment」を活用してキャリアアップを図ってみてはいかがでしょうか。


JAC Recruitmentは外資系企業・海外転職に強い転職エージェントとして、転職ノウハウ・業界別転職情報・非公開求人などを提供しています。
ジェイエイシーリクルートメントでは国内をはじめ海外7カ国とのグローバルネットワークを活用した転職コンサルティングサービスを展開中です。

★詳細はコチラから≫外資系転職特集(提供:JAC Recruitment)

外資系企業への転職関連ページ

営業系転職はこちら!
営業系の転職に強い転職支援サービスはコチラ!
IT系業界への転職
IT系業界やインターネット・ゲーム系企業への転職に強い転職支援サービスはコチラ!